マナー

贈り物をする際のマナーや注意点などの基礎知識をまとめています。

贈り物・ギフトを贈るときのマナー

親戚や友人、知人に贈り物をする機会というのは意外とたくさんあります。

名称 贈る時期 水引 のしの表書き
結婚祝い 挙式の1週間くらい前。披露宴に出席する場合、現金なら当日 白赤や金銀の結びきり 御祝、御結婚御祝、寿
出産祝い 出産後7日目以降から生後1ヶ月前後まで 白赤蝶結び 御出産御祝、御出産祝、御安産御祝、御祝
初節句・七五三 半月前から当日 白赤蝶結び 初節句御祝、七五三御祝、御祝
還暦祝い 半月前から当日 白赤蝶結び 寿、御祝
入園・入学祝 わかり次第早めに 白赤蝶結び 御入学祝、入学御祝、御祝
卒業祝い 卒業式の前後1ヶ月 白赤蝶結び 御卒業祝、卒業御祝、御祝
就職祝い 就職決定後早めに(親しい人のみ) 白赤蝶結び 御就職祝、就職御祝、御祝
定年退職祝い 職場では退職日までに 白赤蝶結び 御祝、御礼
開店・開業祝い 開店・開業後なるべく早めに 白赤蝶結び 御開店御祝、御祝
新築祝い 落成後、早めに 白赤蝶結び 御新築御祝、御祝

贈り物のタブー

贈り物は、基本的に物を贈るのが一般的です。が、例外として、結婚祝い、病気のお見舞い、災害見舞、香典については、お金を贈ってもかまいません。

履物には「踏みつける」という意味があるため、とくに目上の人には贈ってはいけません(靴下も同様です)。また、時計や鞄などは「勤勉」を意味するため、目上の人に贈ると失礼にあたります。

結婚祝いでは「縁を切る」ことを連想させるハサミや包丁はNGです。ハサミ画像

新築祝いは、火を連想させるもの(赤いもの、ライター、灰皿、キャンドルなど)は、避けたほうがいいでしょう。

ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから、「手切れ」=「絶交」の意味に取られることがあるので要注意。

また、櫛は「苦」「死」の響きに通じるので、贈り物には不適切だといわれています。

病気のお見舞いの際には、鉢植え、椿、ケシなどは贈ってはいけません。鉢植えは「根つく」=「寝つく」を連想させますし、椿は花首が落ち、ケシは花が散りやすいので縁起が悪いとされています。

快気祝いには、病気やケガが残らないよう、消えてなくなる食べ物や消耗品がいいといわれています。

PAGETOP ▲