予算について

プレゼントを購入する際に気になるのは予算です。シーン別のギフトの平均予算をまとめてみました。

プレゼント・ギフトの予算の相場は?

シーンやシチュエーションにおける贈り物の予算相場をリサーチしていますので参考にしてください。

母の日

母の日プレゼント画像

母の日のプレゼントの予算は、3,000~5,000円という人がもっとも多く、次いで2,000~3,000円、5,000~7,000円となっています。

自分の母同様、義理の母に対しても、3,000~5,000円くらいが一般的なようです。

プレゼントとしては、カーネーションなどの花やスイーツ、衣料品などが人気なので、だいたいこれくらいの予算が妥当になるみたいです。

父の日

父の日のプレゼントの予算は、母の日同様3,000~5,000円がもっとも多く、2,000~3,000円、1,000~2,000円、5,000~7,000円と続きます。

人気のプレゼントはお酒、洋服、ネクタイなどです。

快気祝い

病気やケガが治ったことを報告する快気祝いは、洗剤や石鹸などの消耗品や食べ物、飲み物など、消えてなくなるものや後に残らないものが一般的です。

いただいたお見舞いの半額を目安に贈ります(参考までに、家族や親戚であれば10,000円、友人なら5,000円、職場関係なら3,000円というのがお見舞いの相場です)。

出産祝い

出産祝いは、現金で贈られることも多く、友人・知人の場合は5,000~10,000円というのが相場です。赤ちゃんの親の兄弟が贈る場合は5,000~30,000円、赤ちゃんの親の親(おじいちゃん・おばあちゃん)が贈る場合は10,000~100,000円とかなり幅があります。

友人の子や同僚の子の場合は、みんなでお金を集めて、ベビー用品などを贈ってもよいと思います。品物が被ってしまうこともあるので、リクエストを聞いておきましょう。

結婚祝い

披露宴に招待された際のご祝儀の相場は、友人や親族の場合30,000円くらい、兄弟は50,000~100,000円、伯父(叔父)・伯母(叔母)が夫婦で出席する場合は50,000~100,000円くらい、祖父母が夫婦で出席する場合には100,000円くらいというのが一般的です。

招待されていない場合、親族なら10,000~30,000円を目安に。友人の場合は、何人かでお金を出し合って、お祝いの品物を贈ることも多いようです。

お歳暮

お歳暮の予算は3,000~5,000円という人が多いようです。会社の上司や目上の人へのお歳暮は、5,000円以上が望ましいともいわれています。

還暦祝い

現金で贈る場合、両親であれば10,000~100,000円、祖父母なら10,000~30,000円、親戚なら5,000~20,000円、知人5,000~10,000円というのが相場です。

上司への贈り物

送別会などで上司にプレゼントを贈る場合の予算は5,000~10,000円が相場です。同じ部署の人たちでお金を出し合ってプレゼントを購入することがほとんどだと思いますが、1人あたり500~1,000円くらいを徴収することが多いようです。

PAGETOP ▲