ふぐ

ふぐは、日本の高級食材の代表格です。ふぐの種類や特徴、栄養効果、ふぐを食べることで期待できる効能について紹介します。

高級食材・ふぐの種類と栄養効果

ふぐ刺身画像

ふぐは、北九州や下関では「ふく」、大阪では「てっぽう」とも呼ばれています。

世界中に100種類以上のふぐがいますが、日本の近海ではおよそ50種類が生息しているといわれています。

現在、日本で食用のふぐとして認められているのは、トラフグ、マフグ、クサフグ、シマフグ、ゴマフグなど22種類です。なかでもトラフグは、味もよく、価格も高価なことから「ふぐの王様」とも呼ばれています。

ふぐは、内臓や皮膚、血液、筋肉などに「テトロドトキシン」という毒をもっています。これは、青酸カリの約1,000倍もの毒性があるともいわれています。

ふぐの種類によって、毒のある部位は異なるので、素人がふぐを調理するのはたいへん危険な行為です。

採取方法

天然のふぐは、一本の幹縄に、先端に釣り針をつけた枝縄をいくつも結びつけた延縄(はえなわ)漁法や一本釣り、定置網漁などによって捕獲されます。

養殖も盛んに行われていて、養殖の漁獲量は長崎、熊本、香川などが多いようです。

旬の時期

俗に、ふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」といわれています。とくに、冬がおいしく、産卵期前の2月頃がいいようです。

天然のトラフグの旬は12月~2月。養殖のトラフグは1年中食べることができます。

おもな調理方法・レシピ

ふぐ刺し、ふぐ鍋、から揚げ、塩焼き、雑炊、皮の湯引きなど。

※ふぐの調理は、正しい知識と技術を有し、ふぐの調理師免許をもった人にお願いしましょう。

ふぐの栄養効果

タウリンやセレン、コラーゲンが含まれています。タウリンには心肺機能を高めたり、動脈硬化や高血圧を改善したり、疲労を回復させる効果があり、セレンには抗がん作用や免疫機能向上効果が期待できます。コラーゲンは肌のハリやしわ、乾燥などを改善するなどの美肌効果や関節の痛みの改善が見込めます。

そのほか、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ナイアシン、カリウム、リン、亜鉛なども含まれています。

ふぐを選ぶポイント

  • ぽっちゃりしていて頭が小さいもの
  • 模様がはっきりしているもの
  • 傷がないもの
  • 弾力があるもの
  • 身が透き通っているもの(刺身やぶつ切りの場合)

ふぐを贈るのにふさわしいタイミングは?
シーン別の高級食材ランキングはこちら>>

PAGETOP ▲